スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが愛しき闘争のプレリュード

全く持ってどうでもいい独り言。



最近キリトさんが歌詞に使ってる「毒薬」とか「劇薬」。
今回のアルバムも然り。
「毒薬で覚醒しようか」とか。

本当にどうでもいいんですが、毒薬とか劇薬とか法律上の分類で言うとあくまで薬なわけで。
毒薬はともかく、劇薬だったら案外普通に病院で処方されちゃうもんなんですよね。
私がアトピーのために使ってる薬も劇薬指定のものだったりします。
初めは驚いたけどね;;
上手く表現できませんが毒薬だろうが劇薬だろうが正しく使えばちゃんとした薬なんですよね。
仕事柄、調剤室に入るようになってまだ数日ですが、薬を見てても「へ?こんなのまで劇薬なの??」って驚いてしまうようなものまで劇薬だったりします。
きっとここが一般の人が連想する「毒薬、劇薬」と実際の「毒薬、劇薬」の違いなんでしょうけど…


だからキリトさんが使いたいニュアンスを想像すると、法律上で言えば「毒」「劇」に当てはまるんじゃないだろうか、といらんこと考えてみました(笑)
や、でも「毒薬で覚醒しようか」だから指定薬物の方が当てはまるのか??とか考えてみたり…
でも「眠りにつく」という表現もあるから向精神薬か?とか謎はどんどん膨らみます。
やっぱキリトさんの歌詞は面白いなぁ、と。



要は暇人なんです(爆)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。