スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿みたい。

馬鹿みたい。本当に馬鹿。

会えることになったからって、2日も前から肌の調子整えて、仕事に行くよりもバッチリ化粧して、綺麗な服着て…

こうやって何回も会ってくれるのは…、て変な期待して…

夜勤明けでもわざわざ会ってくれるから…
眼鏡かけてて真面目そうだったから…
いや、彼の職業のイメージから勝手に私が思っただけ…


前回辺りから変だな、って思ってたんだ。
頭撫でてきたり、顔触ってきたり、車の中でいきなり抱き寄せてきたり…
顔を近付けてきたり…

そういう経験が全然ないから、すっごいドキドキして『恥かしい』って何度も言って…


だけど『好き』って一回も言ってくれなくて…
そこまでしてくるのに肝心なこと言ってくれなくて…


私が恋愛漫画を読みすぎてるのか、でも、友達の恋愛談を聞く限り、まず先にその言葉がくるはずだから…


思い切って聞いてみたんだ。


そしたら、簡単なことだったんだ。
『遊び』だった彼とはじめてのことに浮れすぎてた私。
あまりにも慣れてなさすぎて、遊び相手には不足だったんだ。


彼は『ショック受けるかもしれないけど』って前置きして…


「今は妹にしか見えない。ひそかちゃんは凄くキュートだし、可愛いけど、もうちょっと経験積んで男の人をわかったほうがいいよ。男の人が何を求めてるのか、とか。
もういい歳してるんだから、そんなに奥手だと結婚もできないよ。
せっかく可愛いんだから、いろいろ経験積んで『過去にこんなサイテーな男いたんだよ』って笑えるくらいにならないと。
現に俺サイテーなことしてるし…」

だって。
それ聞いてすっごいショックで…
はっきり遊びとは言わなかったけど、要はそういうことだよね。
馬鹿だからそれでも『私は好き』といいそうになって…


そんなんじゃ結婚もできない、って言われたとき、『一人で生きてくために薬剤師になる』って親に冗談で言ってたことが思い出してきて…
なんだ、やっぱ現実なものになりそうだね。



あー、馬鹿みたい。
別れ際に『ひそかちゃんが変わろうと思うなら俺も協力するし』って訳分かんないこと言われたし…



あーあ。足震えてるし…
彼に会うきっかけのコンパを用意してくれて、応援してくれた友人になんて報告すればいいのかな。

失恋するにしても、せめて短期間でもいいから正式にお付き合いしたかったよ。




酒買って帰ろ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。