スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍えるこんな夜は瞳を閉じたままで

昨日のAngelo大阪、切人一家の新作出たらしいじゃないですか!!
今度は「成人失格」だそうで…
もうセンスが流石です(笑)
失格繋がりで「人間失格」でも面白かったと思うけど、それじゃあ治さん(笑)だもんんね;;
高そうなので買いません。
というか親が見たら卒倒しそうなの買えません!!(爆)
この前「放送事故上等」タオルを何気なく洗濯機に入れて干してたら、親が「何これー!!!!!!」と物凄い大声を上げてビックリしてしまいまして(苦笑)
親の心臓には悪かったみたいです。



さて、今日はOSCE(オスキー)という名の薬学生対象の実技試験がありました。
6つの試験を音声にしたがって実施するんですよ。
「課題を読んでください」、「課題を始めてください」、「終了1分前です」、様々な指示が出されて、一つの課題が終わったら2分以内に移動して次の課題会場へ、っていう感じで実施されました。
しかも試験中は情報を他の子に漏らさないために携帯が没収されるんですよね。
何もそこまでしなくても…て感じなんですが(苦笑)

ひとまず終わった感想として、確実に再試になった気がします(オイ)


だって
1、散剤調整の前にどれだけ薬品を量り取るか計算するんですが、テンパりすぎて計算間違えた…(アホだ)
2、軟膏では時間オーバーで最後まで終わらず…(とろい)
3、注射剤では注射針のキャップがなかなか外れず、見かねた審査員さんが外してくれた(もはや末期)
4、服薬指導では終わった時間が早すぎてダメ出しされる(オイ)
5、薬剤監査では薬のシートの破れのチェック忘れた…


↑えー、いくら緊張してたとは言え、これで落ちてなかったら奇跡だね!!(爆)


ただ外部から来た審査員さんは物凄く優しかったです。
毎回課題が終わるたびに審査員が感想を言ってくれるんですが、そりゃもう優しくて…
軟膏なんて終わってないのに「でも練習すればできるよね。これから頑張ってください」だとか、散剤なんて計算間違えてるから調剤したもの違うのに、「手際がよくて凄くよかった」だとか(感激)


ひとまず実技試験が終わって、やっと本格的な春休みになった気がしますvvv
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。