スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでもいいんです。

卒業式の服を決めてきました。


結局、袴姿にすることにしました。
だって、着物と袴と肌着と巾着までレンタル&ヘアアレンジ付き&写真代だけで約5万だったんだもん。
下手にスーツ買うよりは安いって!!!(そこかよ)
しかも大学で着付けてもらえるらしいから楽チンかなぁと。
アトピーあるからあんまり長時間着ていたくないし…
ただメイクはしてくれないのが難点。普段メイクしない人だから困った…(苦笑)
ファンデと眉と口紅くらいしかやったことがありません…

さて、着物&袴選び。
きっと困った客だったと思います(爆)
普通の女の子だったら、あらかじめパンフとか見てどういう風にしたいかね、ある程度イメージを持って来店するんだと思うんですけど…

店員「どんな感じが宜しいですか?ご希望の色とか…」
私「あー、なんでもいいんですけど」
店員「え…」

みたいなね。
お前、やる気ないだろ!!的な(爆)

ひとまず着物の候補を3つ選べと言われ、友人に似合うと言われたピンク、白、そして親の希望により水色を選びました。そして早速体に合わせられる。

ピンク→店員には似合うと言われたが親に却下される
白→親が激しく却下
水色→親&店員に似合うといわれる

親「水色!!絶対水色!!!!」
店員「や、お母様。確かに水色もお似合いですけど、ピンクも似合うと思われますよ(汗)」
店員2「んー、でも水色一番似合ってらしゃるんじゃないですかね~」

親「ほら!!水色が一番よ!!水色にしなさい!!!」
私「…。てか黒も着てみたい…」
親「アンタみたいな地味な子が黒なんて着たらもっと地味になるじゃないの!!!!(酷)」
私「…。(もう疲れ気味)」

店員「やや、いろいろあって迷ってしまわれますよねぇー」
私「や、もう水色でいいです(即答)」
店員「あ…、はい、そうですか…」


店員「次は袴ですね。何色がいいですかねー」
私「なんでもいいんですけど…(オイ)」
店員「え…」

このやりとり、前にもあったような(笑)


こんな感じで決まっていきました。
ひとまず、よく発した言葉は「なんでもいいです」、「もうそれでいいです」だった気がします(貴様)

そんなこんなで決まった衣装。
水色の着物にワインレッドの袴です。
あー、決まってよかったよかった。
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです!!
袴!!いいですよねぇ~(^∀^)
色つきの袴、すっごい憧れてました♪

いいですかねー。
正直、メンドーなんですが(爆)

いろんな色の袴ありましたよーvvv

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。